プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

この職に就いて…日々思う事やHPだけでは伝えにくい本音を綴りたいと思っています。

普段から『食』に興味を持ち、仕事ではなくプライベートでもお酒や料理は非常に好きで、自宅でも多々嗜んでおります。

要するに『食いしん坊』。。。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

イベント情報 Feed

2012年1月 7日 (土)

2012年

遅れましたが、明けましておめでとう御座います!

お陰様で自店も2012年の4月で開店5周年となりますし、店にとっては節目の年でもあります。

もう一度開店当初を振り返り、しっかりとした『おもてなし』ができるようスタッフ一同努力して、いつでも心地良い空間が作れるようにしようと思っております。

本年も宜しく御願い致します。

2011年6月21日 (火)

田植え…の補足

前々回のブログに記載致しました『田植え』ですが、ブログを見て頂いた
お客様から意外にもこんなご意見を多く頂戴しました。

『田植えの最中の写真は無いの?』『本当に店長は植えたの??』

…たしかに田植えの最中の写真を撮りたくてズボンのポケットの右には携帯
左にはデジカメ、と万全でしたが…田植えが始まると右手は植える用の手、
左手には泥付きの苗、結果写真なんて全く撮れませんし両手が泥まみれで
ポケットすら触れず…でした。。。

なので証拠写真です(笑)
米鶴酒造さんが撮ってくれた写真です。


手前の列、左から8人目の頭に白いタオル巻きでピンクのTシャツの
いかにもやる気に満ちた雰囲気が…私です(笑)



手前から6・7人目の白巻きタオルが同じく私です。


もう苗は数十cmも順調に伸びているようで、益々10月の稲刈りが今から楽しみです。

2011年6月10日 (金)

蔵元訪問&田植え祭り 『其の二』

前回のブログの続きです…。

いよいよメインイベントの田植え。
この山形県高畠の気候は米作りにはなかなか難しいようで
日本酒に適した有名な品種『山田錦』などはしっかりと実らないようです。
今回は『亀の尾』という品種の苗を植えさせて頂きました。
大人から子供まで裸足で田んぼに入り、独特の何とも言えない感触を確めながら
綺麗に横一列に並び、太鼓の合図でゆっくり植えていきます。

この写真は田んぼに植える前の状態です。

そしてこれが田植え完了後の様子です。
真っ直ぐ植えられなかった人は『性格も曲がっている』…らしいです。
私、若干曲がりですかね。。。

中腰で数十分でこんな腰と足が痛くなるとは…畑仕事は大変なのが改めて痛感しました。

田植えの後はお待ちかね、野外で昼食です。
米鶴酒造さんの社員の方々の作った郷土料理と、地元の方の差し入れ、
そしてやはり米鶴酒造さんの日本酒の数々を嗜みながらのひとときは
至福の時でした。
同じ円卓には地元小学校関係者の方々と一緒でしたが、本当に親切で
会話に入れて頂いて色々な話で盛り上がりました。
後半には米鶴酒造社員さんも加わり、日頃の酒造りの苦労や裏話、
1年間どのようなサイクルで動いているのか等を事細かに質問攻めして
とにかくあっという間の有意義な時間でした。


周りは大自然、時期によっては熊や猿、蛇は当たり前のように出現するらしいです。

小学生は昼食はそこそこですぐに田んぼや川で遊び、気付けば大きな桶には
無数の『蛙』と『おたまじゃくし』が…。

私も小学生に誘われ隠れている場所を教わり捕獲作戦に参戦して、数匹捕獲しました。
『オジさん結構うまいじゃん、のみこみ早いほうだよ。』…と褒められました(笑)
たしかに彼らはプロでしたね。


帰りに米沢にある『上杉神社』に立ち寄り、たまたま見つけた焼酎。
米鶴酒造さんのPB商品『上杉の響』吟醸米焼酎。
フルーティーで軽快な飲み口でこれからの暑い時期には水割りやロックで
さらっと飲める逸品ではないでしょうか。
お土産ですのでお味見したい方は気軽にお声かけて下さい!

今回の田植え、実は次もありまして…秋に収穫、冬に仕込みも体験できるようなので
日程調整して参加できればと思ってます。
長くなってしまいましたが、今回初めてでしたが非常に良い体験をさせて頂きました。
米鶴酒造の皆様、地元の方々、地元の蛙名人達(小学生)、本当に感謝です。有難う御座いました!

2011年6月 7日 (火)

蔵元訪問&田植え祭り 『其の一』


やって参りました、山形県の高畠にあります『米鶴酒造』さん。
東京から新幹線で約2時間半。高畠駅には社長さんが
わざわざ迎えに来て頂きまして車で10分程度で蔵に着きました。


周りは山々の自然に囲まれた綺麗な空気で素晴らしい環境です。
これはさぞ仕込み水も美味しいでしょう。。。
東京に慣れてしまっている私には深呼吸だけでも癒されました。



こちらは実際に仕込み作業をされている所。
一目見ただけでも歴史を感じられる、品格ある見とれてしまう建物でした。

やはりこういった物は実際に行ってみなければ分かりませんね。
写真では伝わらない、何十年と積みかさねてきた重み
と言いますか…風格と言いますか…。

とにかく圧倒される魅力的な何かがありました。



これは田植え前の儀式です。
地元で有名な安久津八幡神社宮司さんに
毎年御願いしているようです。
意はよく分かりませんが貝を吹いて
大きな音を鳴らしていたのが印象的でした。
なかなかこちらでは無いような…気がします。



こちらは地元の女の子達による古くから
伝わる『田植えの舞』です。
昔はどこもやっていたそうですが、
年々人不足で継承できなくなってしまったりで
…今はこの安久津神社の近所にいる子達しか
継いでいないそうです。
思わず真剣に見入っていましました。


こうしていよいよ田植えです!

続きはまた近々アップしますので。。。

2011年6月 4日 (土)

震災募金

3月11日の震災後に自店で行っていた募金活動を5月31日を持って終了しました。

全額『ぐるなび災害募金』に6月1日付けで振り込ませて頂きました。
自店の多くのお客様のご賛同とご理解、ご協力、に私も嬉しく誇りに思います。
本当に有難う御座いました!

ちなみにですが、今週末日曜(日付では明日)に東北の被災された日本酒蔵元さんを
訪問見学&仕込みに使うお米の田植え祭に参加してきます。
今年2月の震災前に行われた仙台の商談会にてご縁があった『米鶴酒造』さんに
この状況でご多忙なはずですが律儀にご招待頂きまして…私、即決参加願いを出しまして、強行日程ですが行ってきます!

後日ご報告を必ずしますので、ご期待下さい。

2011年4月 8日 (金)

4歳。。。

お陰様で2011年4月3日で開店から丸4年が経ちました。

いつも御来店頂いてます、お客様に…『感謝』。
自分と一緒の気持ちで良い空間を作ろうと日々頑張ってくれている杉六スタッフに…『感謝』。
どんな時でも新鮮・安全な食材や美味しいお酒を届けて支えてくれている業者さんに…『感謝』。

人ってひとりじゃ何も出来ないものですよね。
毎回開店記念日に改めてそう思います。

自分の年齢が毎年増えていくのは正直あまり好きではありませんが、店の年齢は毎年ながら素直に嬉しく感じます!
杉六ももう4歳、早いです…。

今後も変わらずに美味しい料理と旨いお酒と飽きない居心地良い空間を作れるよう、努力していきますので何卒宜しく御願い致します。

開店4周年にお祝いのお花やお菓子、果物、一輪挿し、等々、届けて頂いたお客様に改めてこの場をお借りして御礼申し上げます。
こちらが御礼すべき日なのですが…。
この気持ちを忘れず、日々の営業でお返しできるように精進致します。

本当に有難う御座いました!!

2010年11月 1日 (月)

秋の試飲会 其の弐

10月中旬に行われた、取引先問屋さんの試飲会に行って参りました。
毎年平日昼間の開催でなかなかタイミングが合わず不参加でしたが、
今年こそはと思い…前々から段取り組んで初参加です。

まず参加蔵元さんの数がかなり多く、普通に全て試飲すると…大変な事になりそうな程。
50箇所近かったと思います。そして各ブースに持参してある銘柄も多かったです。
なので一箇所だけで3~5種は試飲して、数箇所廻っただけで…既にイイ感じでしたね。
夜の仕込みと営業が無ければ思う存分飲みたかったですが、そこは我慢で厳選して
短時間で試飲して廻りました。

今回はおつまみも充実していて、『九州の郷土料理×芋焼酎』の相性の良さも
改めて実感できましたし、実際に仕込みに使う薩摩芋の食べ比べも面白かったです。
品種によっては焼酎には美味しいけど、実際蒸して食すとイマイチな物もあり
普段は体験できない本当な貴重な時間でした。

幾つか気になる未発売の新酒も出てましたので、発売次第入荷致しますので
ご期待下さいませ。

写真は会場全体、食べ比べの薩摩芋2種です。



2010年9月28日 (火)

秋の日本酒試飲会

久しぶりの更新ですいません。

恒例、日本酒秋の試飲会です。
主に『ひやおろし』の出品が多く、暑い夏を越えて旨みを増した今年の味わいを
毎回楽しみにして伺っております。

今回は杉六スタッフ全員で参加しました。
30近くの蔵元さん、銘柄の数だと100を超えてましたが、たっぷり満喫しました。

最近の傾向のせいか…全体的に飲み易くなったような気がしました。
でもしっかり香りもあり、米の旨味も残されている物が多く、完成度が高い印象です。
今後10月のお薦め酒にどれを入れるか悩んでしまいそうです。

写真は会場の雰囲気と、宮城『日高見』の蔵元さんに質問中のスタッフH君、
私一押し銘柄『村祐』村山さんです。今年も非常に美味でした。。。

10月以降にメニューに載せますので是非!

2010年6月10日 (木)

『夏の酒』 試飲会


もう気付けば夏の酒(日本酒)の季節です。

今回の試飲会はどうしても都合つかず…代理でスタッフH君に参加してもらいました。

毎年どうしても外せない逸品…『村祐 夏の生酒』は今年も非常に良い仕上がりだったそうです。
爽やかでありながら心地良い甘みも感じられ、何せ旨味も残す。
夏でもしつこく無く飽きずに飲めるあのバランスは絶妙です。
こればかりは7月に登場確定です!

あとは微発泡の酒も多かったようで、仕入れに悩んでおりますが…前向きに検討中。

とにかく入荷が今から楽しみですね。

晩酌酒用にも…今から予約しておきます(笑)

2010年4月28日 (水)

金メダリストが…

これは杉六史上、おそらく二度と無い奇跡的な出来事でした。

4月24日(土)、先月迄行われていたバンクーバー冬季パラリンピックにて
日本で唯一の金メダル2個を見事獲得された、新田佳浩選手。
あらゆるメディアで報じられてご存知の方も多数いらっしゃるかと思いますが
その金メダリスト新田選手とパラリンピック日本代表荒井監督と色々な御縁があったお陰で、わざわざ御来店頂きました。

私も紙面やテレビでは知っていたものの、勿論初対面でしたがご挨拶したかと思いきや
これどうぞ!と爽やかに躊躇なく金メダルを渡され…パニックでした(笑)

当たり前ですが本物の『金』メダルです!
実際手に取って触ると、凄く大きくて…ずっしりと重みがあって…ただただ感動しました。

自分が獲った訳でもないのに、なぜか涙が溢れてしまい…隠すのに必死でした。

こんな機会はもう一生無いでしょう、とにかく感激しました。

そして新田選手の人柄にも本当に感動しました。
幼い頃に片腕を失い、人より何倍もの苦労や困難を味わい、それを乗り越え、世界一を目指し
何年も毎日の努力を積み重ね築き上げてきた忍耐力と精神力。
それを想像しただけでも並大抵では無い事がよく分かります。
そして結果を出して世界の頂点に立った紛れもない努力の賜物。偉人です!

そんな世界一となった新田選手と話して感じた事は…『謙虚』の一言。

あまりに素晴らしい人柄で言葉が出ませんでした。
来店時に居たお客様に金メダルをお披露目し、笑顔で記念撮影にも応じ
誰にでもメダルを気軽に、どうぞ!と貸し渡して携帯写真に収まるのを待ち

『金メダル獲ったって…何も僕は普通の人ですよ(笑)』
『辛い時期に支えてくれた方々が居なかったら今回の結果も無いです。』

こんな言葉が自然と出てくるとは、尊敬以外の何物でもありません。

新田選手を見ていると、多くの勇気をもらえました。

何事も自分を信じて…貫き努力すれば…やがて道は拓ける。
志あるものは…いつか必ず報われる。

勿論ご本人の口からは出してませんでしたが、背中がそう物語っているように、私は感じました。

新田選手、荒井監督、本当に貴重なお時間を有難う御座いました!

そして、結果的にこのような御縁と機会を与えてくれる事の発端となった…父に感謝。

隠れ家・鶏DINING 杉六 のサービス一覧

隠れ家・鶏DINING 杉六