プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

この職に就いて…日々思う事やHPだけでは伝えにくい本音を綴りたいと思っています。

普段から『食』に興味を持ち、仕事ではなくプライベートでもお酒や料理は非常に好きで、自宅でも多々嗜んでおります。

要するに『食いしん坊』。。。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2011年3月 | メイン | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月21日 (木)

大物…其の二


更新遅くなり申し訳ありませんでした。。。

大物のもう一つをご紹介致します。
あの老舗日本酒蔵元が出す限定焼酎があったのです。

『浦霞 本格酒粕焼酎』(800円)です。
ちなみに写真右は、知名度抜群『赤霧島』です。
こちらは季節限定酒なので今だけですが、浦霞焼酎は通常メニューに載せました!

この『浦霞 本格酒粕焼酎』はまず香りが素晴らしいです。
香りだけ匂って酔えそうな程に芳香で甘い味わいの想像がつきます。
確実に美味しいのがハッキリ分かりますね、本当に。
口に含むと酒粕の力強さもあり、甘みもあり、キレもあり、余韻もある。
米焼酎では感じられない、只者ではない強烈な印象が残ります。

滅多にお目にかかれないと思いますので、是非お試し下さい。
赤霧島(580円)もお出しできますので、スタッフまでお気軽に。

2011年4月14日 (木)

久々の…大物です!其の一


今回のタイトル通り、久しぶりに興奮してしまいました。
今まで何百種類のお酒を目にしてきましたが、未だ出会ったことの無かったというか存在すら知らなかった焼酎を見付けて入荷致しました。

しかも…2種類も。。。

更に在庫分もしっかり確保なので、通常メニューに掲載していつでも飲んで頂けるようにしました!

まず今回は其の一。
『三岳 酔ふよう』(すいふよう)と読みます。
自店でも勿論人気高く知名度もかなりの屋久島の三岳酒造さんが造るお酒。
『三岳』や『愛子』も美味しいのですが、この『酔ふよう』はと言うと…

一言で結論から申し上げますと…『謎』です(笑)

通常の『三岳』と違いを知りたくて直接蔵元さんに問い合わせたところ、間違いなく三岳酒造さんが製造しているそうですが、総販売元は近隣のお店さんが管理されている、いわゆるPB(プライベートブランド)商品なのが判明。

仕込みや原料の違いを尋ねると「それは教えられません。」…と。
『』じゃあ要するに中身は『三岳』と同じなんですね?『三岳 酔ふよう』と名付けられてますし?
「それもお答えできません。」…?…?…?。
「あとはお客様が実際三岳と飲み比べて頂いて味が違うと思ったら、造りも当然違うと解釈して下さい。」…と。
不思議ですが…なんか益々気に入ってしまいました。

そんな訳で私も今回は蔵元さんの意向により感想を控えさせてもらいます。
『三岳』ファンの方は是非とも必ず飲み比べて『酔ふよう』を味わってみて下さい!
美味しい芋焼酎なのは間違いありませんのでご安心下さい。

其の二は…近々また書きます!

2011年4月 8日 (金)

4歳。。。

お陰様で2011年4月3日で開店から丸4年が経ちました。

いつも御来店頂いてます、お客様に…『感謝』。
自分と一緒の気持ちで良い空間を作ろうと日々頑張ってくれている杉六スタッフに…『感謝』。
どんな時でも新鮮・安全な食材や美味しいお酒を届けて支えてくれている業者さんに…『感謝』。

人ってひとりじゃ何も出来ないものですよね。
毎回開店記念日に改めてそう思います。

自分の年齢が毎年増えていくのは正直あまり好きではありませんが、店の年齢は毎年ながら素直に嬉しく感じます!
杉六ももう4歳、早いです…。

今後も変わらずに美味しい料理と旨いお酒と飽きない居心地良い空間を作れるよう、努力していきますので何卒宜しく御願い致します。

開店4周年にお祝いのお花やお菓子、果物、一輪挿し、等々、届けて頂いたお客様に改めてこの場をお借りして御礼申し上げます。
こちらが御礼すべき日なのですが…。
この気持ちを忘れず、日々の営業でお返しできるように精進致します。

本当に有難う御座いました!!

隠れ家・鶏DINING 杉六 のサービス一覧

隠れ家・鶏DINING 杉六